うまい魚のスープあれこれ

日本人なら、魚のスープと言えば何と言っても味噌汁で鯛のあらを使った味噌汁は絶品、鯛から出汁が十分出ているので、潮汁でも美味しくいただけます。魚のあらは、魚屋さんでもスーパーでもとても安く買い求めることができますが、塩を振り、しばらく置いてから湯通しして下処理してしまえば全く魚の他の部分に負けないぐらいの味がします。鯛だけでなく、アジ、サバ、ヒラメを使った潮汁も絶品で、それぞれ季節に応じて美味しくいただきたいものです。いわしを仕入れて人気メニューに!手開き方法と簡単蒲焼きレシピも参考になるでしょう。
また、広く言えば鍋物で美味しくスープをいただくのも滋養があっていいものです。誰にでも作れて簡単なのは、甘塩のタラなどの白身と白菜、エノキダケを入れただけの簡単な鍋物です。最初に昆布を敷いておいて、酒を入れるとさらに味が引き立ちます。ポン酢で食べることが多いのですが、〆にはうどんでもいいですし、醤油と卵をかき混ぜた雑炊も絶品です。

わが家では妻の好みがイタリアン。したがってスープと言えばアクアパッツァがよく食卓に上ります。タイ、メバル、カサゴなどの新鮮な切り身が手に入ると必ず作ります。オリーブオイルで軽くニンニクと魚をソテーして、生トマト、ドライトマト、ミニトマトやパセリを加えて煮るだけ。アサリやハマグリも必ず入れます。白ワインを鍋にたっぷり注いで、ワインの風味を効かせて、魚、野菜、貝の出汁を十分に楽しみます。風味付けにパセリ、イタリアンパセリ、赤コショウのつぶやオリーブの塩漬けを入れます。魚の身がほろほろとして、骨からの身離れがよく、野菜や貝の出汁がよく染み込んでいて実に美味しくいただけます。うちではアクアパッツァの後によく〆のパスタを食べるのですが、これがとても出汁をたっぷりと吸い込んで美味しいですね。パスタがないとか、試しにうどんで〆にしてみたのですが、これもなかなか乙なもので美味しくいただきました。

また、わが家では簡単に塩だけで味付けした白身の切り身にトマトのカット缶詰、レモンを入れてパセリを散らして休日のランチにしますが、よくフランスパンにも合い、これもシンプルでいいものです。もちろん、魚は世界各国で食されているので、中華スープもまた美味しいものです。中華ではレタスに火を通して食べることが多く、ウェイバーや鶏ガラのだしを味付けに使って、炒めたレタスに白身の切り身を加えていただきます。レタスの代わりにチンゲンサイ、空芯菜のような中国野菜を使っても美味しいですね。